一般住宅を建てる時のお悩みやわからない事への回答を解りやすくまとめて報告いたします!

question2Question

自然素材は、使った方がいいでしょうか?

Answer

answer2一般住宅に使われる建材や商品は、数え切れないほど溢れており、色柄を選ぶ事も楽しみの一つです。 この建材類は、住宅が一般消費者でも手が届くようになって、棟数を増やしたい業者が、熟練の技術も要らなく、手軽に扱え、色ムラなどのクレームもない商品をと開発されました。作る側も買う側も 必要として生まれた物です。

しかし近年、シックハウス症候群などの病気が出てきて、その原因がその工業生産品に含まれる、化学物質が人に害を与えてしまいました。全ての建材が悪いわけではありません、その使い分けも考慮が必要で、また、家の気密性を高めたことも原因です。

自然素材の代表格「無垢床材」「塗壁材」ですが、例えば無垢の床材は、夏ペタペタしない、冬は暖かく感じます。塗り壁は、調湿効果が高いことで有名です。

勿論それらの感じ方には、個人差があり ますが、間違いなく接着剤などの化学物質の匂いはしないのは、いいことです。 また流行がありませんので、飽きることもないし、商品の廃盤もないので、永く使えます。 お手入れが大変ではないかとよく聞かれますが、建材以上に楽ですとお答えしています。

追記=金額的にも、決して高額な物ばかりではありません。適材適所で活用しましょう。